きんきじゅ (金亀樹)

Pithecellobium dulce cv. Variegatum

Pithecellobium dulce cv. Variegatum

Pithecellobium dulce cv. Variegatum

アメリカのカリフォルニア州からメキシコ、熱帯アメリカに分布してい
ます。海岸近くの林に生え、高さは10〜15メートルになります。現在
では、熱帯・亜熱帯地方で広く植栽されています。葉は2回羽状複葉
で、小葉は長楕円形です。葉柄の基部には長い棘が生えます。春に
小さな白い花を咲かせます。果実は莢果で、食用にされます。和名
は、中国名の「金亀樹」を音読みしたもの。写真は園芸品種の「バリ
エガツム(cv. Variegatum)」、中国名は「斑葉金亀樹」。
ネムノキ科キンキジュ属の常緑高木で、学名は Pithecellobium dulce。
英名は Madras thorn, Manila tamarind。
Madras thorn belongs to Mimosoideae (Mimosa family). It is an evergreen
tall tree that is distributed California south to Mexico, tropical America. This
tree occurs in coastwise forests and can reach 10-15 m in height. They are
cultivated widely in tropical and sub-tropical areas nowadays. Leaves are
bipinnate, their leaflets are oblong. Long thorns are born at the base of
petioles. Small whitish flowers bloom in spring. Fruits are pods and edible.
The photo is a cultivar 'Variegatum'.
[上] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。
[中・下] 同上にて、2005年12月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp