きんこうか (金黄花)

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

Narthecium asiaticum

わが国の固有種で、本州の中部地方以北から北海道に分布しています。山地の湿原に生え、高さは20〜40センチになります。7月から8月ごろ、花茎を伸ばして総状花序に小さな黄色い花をいっぱい咲かせます。花が終わっても花披片は落ちずに残り、緑色に変わります。
ユリ科キンコウカ属の多年草で、学名は Narthecium asiaticum。
英名はありません。
"Kinkou-ka" (Narthecium asiaticum) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is endemic to Japan and distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido. This herb grows in mountain bogs and can reach 20-40 cm in height. The flowering stalk is borne and the small yellow flowers bloom in the racemes from July to August. The tepals do not fall, remain after flowering and turn into green.
[上・中1] 長野県山ノ内町「東館山高山植物園」にて、
2010年07月25日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2005年07月15日撮影。
[中4] 秋田県藤里町太良「田苗代湿原」にて、
2005年07月17日撮影。
[中5] 長野県白馬村「八方尾根」にて、2006年08月25日撮影。
[中13〜14・下] 同上にて、2016年07月30日撮影。
[中6・中7] 福島県昭和村「駒止湿原」にて、2012年08月26日撮影。
[中8・中9] 福島県檜枝岐村「尾瀬沼」にて、2013年08月25日撮影。
[中10〜中12] 福島県檜枝岐村「熊沢田代」にて、
2014年09月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp