きんめいちく (金明竹)

Phyllostachys bambusoides f. castiloni

Phyllostachys bambusoides f. castiloni

Phyllostachys bambusoides f. castiloni

Phyllostachys bambusoides f. castiloni

Phyllostachys bambusoides f. castiloni

Phyllostachys bambusoides f. castiloni

Phyllostachys bambusoides f. castiloni

中国原産の「まだけ(真竹)」の一品種です。桿の直径は3〜8センチ、高さは10〜20メートルになります。桿は黄金色で、芽溝部には緑色の縦縞がはいります。庭園用として植栽されていますが、石川県加賀市篠原町や福岡県杷木町、群馬県赤城村では天然記念物に指定されているものがあります。
イネ科マダケ属のタケ類で、学名は Phyllostachys bambusoides f. castiloni。英名はありません。
"Kinmei-chiku" (Phyllostachys bambusoides f. castiloni) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is a form of Giant timber bamboo which is native to China. The culms are 10-20 m in height and 3-8 cm in diameter. They are sunny yellow with green vertical stripes at the bud grooves. It is generally planted as a garden bamboo. Some bamboo groves are designated as one of Japan's protected species.
[上] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。
[中1・中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2004年12月07日撮影。
[中3〜5・下] 静岡県長泉町「富士竹類植物園」にて、
2012年08月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp