きんみずひき (金水引)

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

Agrimonia pilosa var. japonica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、南千島に分布しています。道端や草むらに生え、30〜80センチになります。地下茎は太く、茎は直立します。葉は奇数羽状複葉で、小葉は5〜9個あります。7月から10月ごろ、長い総状花序をだし、黄色い5弁花を咲かせます。名前は黄色い花穂を、金色の水引にみたてたもの。
バラ科キンミズヒキ属の多年草で、学名は Agrimonia pilosa var. japonica。英名はありません。
The "Kin-mizuhiki" (Agrimonia pilosa var. japonica) belongs to Rosaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula, China and the southern Kuril Islands. This herb grows in roadsides or grasslands and can reach 30-80 cm in height. The rhizomes are thick and the stems are erect. The leaves are odd-pinnate compound with 5-9 leaflets. The long racemes are borne and the yellow flowers bloom from July to October.
[上] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、2006年09月09日撮影。
[中1] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2005年09月30日撮影。
[中2・中8] 奈良県御所市関屋「金剛山」にて、
2006年09月05日撮影。
[中3] 長野県小谷村中土「雨飾高原」にて、2005年08月30日撮影。
[中4] 群馬県みなかみ町湯桧曽にて、2009年07月26日撮影。
[中5・中6] 大阪府高槻市原「摂津峡」にて、2007年09月19日撮影。
[中7] 北海道北見市常呂町「ワッカ原生花園」にて、
2009年08月04日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中9] 奈良県御所市高天「金剛山」にて、2006年09月05日撮影。
[中10] 福島県昭和村大芦にて、2012年08月26日撮影。
[中11] 茨城県北茨城市「栄蔵室」にて、2012年09月22日撮影。
[中12〜中14] 栃木県日光市中三依「湿生園」にて、
2013年08月24日撮影。
[中15・中16] 福島県天栄村湯本にて、2014年07月27日撮影。
[中17〜中20] 栃木県那須塩原市板室にて、
2014年08月15日撮影。
[中21・下] 福島県北塩原村「デコ平湿原」にて、
2014年09月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp