きんもくせい (金木犀)

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

中国が原産です。南部の広西省桂林市は並木や公園に多数の「きんもくせい」が植えられていて、名前の由来にもなっています。ちなみに中国語で「きんもくせい」は「桂花」。9月下旬から10月上旬に、葉腋に橙黄色の小さな花をたくさん咲かせ、あたりに甘い香りを漂わせます。雌雄異株ですが、日本では雄性化してしまうため果実は見られません。また「きんもくせい」の咲くころに「まつたけ」が出るといいます。年によっては2回咲くこともありますが、「まつたけ」も同じだそうです。
モクセイ科モクセイ属の常緑小高木で、学名は Osmanthus fragrans var. aurantiacus。英名は Fragrant olive。
The Fragrant olive (Osmanthus fragrans var. aurantiacus) belongs to the Oleaceae (the Olive family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to China. Guilin City (Guangxi, southern China) is named after this tree (Gui hua). Many fragrant olive are planted in road sides and parks of Guilin. From September to October, many small orange-yellow flowers bloom at the axils, and emit sweet odors. This tree is dioecism, though the fruits cannot be found in Japan because of it's masculirization.
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年10月17日撮影。
[中2・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年01月15日撮影。
[中4〜中6] 千葉県香取市山倉にて、2012年10月20日撮影。
[中7〜中9] 静岡県三島市「三嶋大社」にて、
2013年08月03日撮影。
[中10〜11・下] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2013年09月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp