きんれいじゅ (金鈴樹)

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

Tecoma stans

アメリカの南部、フロリダ州やテキサス州からアリゾナ州、それに熱帯アメリカに分布しています。高さは6〜7メートルほどになり、樹皮は薄灰色です。葉は羽状複葉で鋸歯があります。枝先にトランペット形の鮮やかな黄色い花を咲かせます。ひとつの円錐花序には50個以上の花がつき、芳香があります。果実は10〜20センチの莢に入り、房のように下垂します。 
ノウゼンカズラ科テコマ属の常緑低木で、学名は Tecoma stans。
英名は Yellow bells、Yellow elder。 
Yellow bells (Tecoma stans) belongs to the Bignoniaceae (the Trumpet creeper family). It is a small evergreen tree that is native to the southern United States, from Florida to Texas, Arizona and the tropical America. This tree can reach 6-7 m in height and the barks are pale gray. The leaves are pinnate compound with toothed edges. The bright yellows, fragrant and trumpet-shaped flowers come in the terminal branches. One panicle has over 60 flowers. The fruits are cylindrical pods 10-20 cm long and drooping. 
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年02月10日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1〜2・中8] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年08月11日撮影。
[中3〜中6] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中10・中11] 同上にて、2015年11月20日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中9] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、
2008年08月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中12〜13・下] アメリカ・フロリダ州マイアミ市にて、
2010年05月04日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp