きんれんか (金蓮花)

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

ペルーからブラジルの高地が原産です。花が「のうぜんかずら」、葉は「はす」に似ているとこから「のうぜんはれん(凌霄葉蓮)」とも呼ばれます。花期は5月から6月、10月から11月にかけて。花色には、オレンジや黄色、赤色やピンクなどがあります。葉にはやや辛みがあり、花とともにサラダにされます。若い果実をピクルスにすると、ケーパーに似た風味があるそうです。 
ノウゼンハレン科キンレンカ属の多年草で、学名は Tropaeolum majus。英名は Garden nasturtium、Indian cress。 
Garden nasturtium (Tropaeolum majus) belongs to the Tropaeolaceae (the Nasturtium family). It is a perennial herb that is native to the highlands of Peru to Brazil. The flower looks like Trumpet creeper and the leaf looks like Lotus. This herb is also called Tropaeolum. Orange or yellow, red, pink flowers come from May to June, October to November. Leaves have mustard-like taste and used for salad as well as flowers. Pickles which made from the young fruits have a flavor of caper. 
[上・中1〜2] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2008年11月09日撮影。
[中3] オーストラリア・シドニー市「ワリウッドビーチ」にて、
2005年12月28日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中5] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年05月24日撮影。
[中6] オーストラリア・シドニー市デュラルにて、
2009年04月25日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7] 同上にて、2009年04月24日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」
にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中10] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[中11・下] アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

FONT FACE="Times New Roman, Times">Shu Suehiro
shu@botanic.jp