きんろばい (金露梅)

Potentilla fruticosa var. rigida

Potentilla fruticosa var. rigida

Potentilla fruticosa var. rigida

Potentilla fruticosa var. rigida

Potentilla fruticosa var. rigida

Potentilla fruticosa var. rigida

Potentilla fruticosa var. rigida

わが国の本州、中部地方以北から北海道それに周北極地方に分布しています。高山帯の礫地に生え、高さは30〜50センチになります。葉は奇数羽状複葉です。6月から8月ごろ、黄色の5弁花を咲かせます。白花のものは、「ぎんろばい(銀露梅)」と呼ばれます。平地でも栽培できるので、ロックガーデンにも植栽されます。
バラ科キジムシロ属の落葉小低木で、学名は Potentilla fruticosa var. rigida。英名は Shrubby cinquefoil。
Shrubby cinquefoil (Potentilla fruticosa var. rigida) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a deciduos shrub that is distributed northward from Chubu district to Hokkaido of Japan and the circumpolar region. This shrub grows in alpine screes and can reach 30-50 cm in height. The leaves are odd-pinnately compound. The yellow five-petaled flower appear fromo June t August. It can grow in flatland and is used for rock garden.
[上] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2004年07月03日撮影。
[中1] 同上にて、2005年07月15日撮影。
[中2] 長野県茅野市北山「麦草ヒュッテ」にて、
2006年07月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月16日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中4〜5・下] 栃木県日光市「東大付属日光植物園」にて、
2010年06月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp