きんせんか (金盞花)

Calendula officinalis

Calendula officinalis

Calendula officinalis

Calendula officinalis

Calendula officinalis

ヨーロッパの南部が原産です。湿り気のあるところや道ばたなどに生
え、高さは50〜60センチになります。6月から11月ごろ、芳香のあ
る濃いオレンジ色の花を咲かせます。西洋の薬草のなかでも、よく知
られた用途の広いもので、虫さされなどの民間治療薬としても有名で
す。わが国では、仏花によく使われます。
キク科キンセンカ属の一年草で、学名は Calendula officinalis。
英名は Pot marigold。
Pot marigold belongs to Asteraceae (Aster family). It is an annual herb that
is native to South Europe. This herb occurs in waste lands or along
roadsides and can reach 50-60 cm in height. It is in flower from June to
November, and the flowers are deep-orange and scented. Pot marigold is
one of the best known and versatile herbs in Western herbal medicine and is
also a popular domestic remedy for bites and stings by insects. This flower
is often used to offering for family altar in Japan.
[上・中2〜3] 静岡県南伊豆町大瀬にて、2007年02月16日撮影。
[中1] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年01月31日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲート
パーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp