きんとらのお (金虎の尾)

Galphimia glauca

Galphimia glauca

Galphimia glauca

Galphimia glauca

Galphimia glauca

中央アメリカのメキシコからグアテマラに分布しています。熱帯地方
に生え、高さは60センチほどになります。幼木のときに茎は赤みを
帯びます。長楕円形の葉は明るい緑色で対生します。夏の終わりか
ら秋にかけて、茎の先の総状花序に黄色い花を咲かせます。温度さ
えあれば、周年咲き続けます。「こうしゅんすがら(Tristellateia
australasiae)」とよく似ています。
キントラノオ科キントラノオ属の常緑小低木で、学名は Galphimia
glauca。 英名は Thryallis。
Thryallis (Galphimia glauca) belongs to the Malpighiaceae family. It is an
evergreen shrub that is native to Mexico and Guatemala. This shrub grows
in the tropics, and can reach about 60 cm in height. The stems are tinged
reddish when young. The leaves are oblong, bright green and arranged
oppositely. The yellows flowers bloom at the terminal racemes from late
summer to fall. The flowers bloom year around if the temperature keeps
comfortable.
[上] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2005年12月27日撮影。
[中1・中2] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2003年10月05日撮影。
[中3] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、
2008年08月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp