きぬたそう (砧草)

Galium kinuta

Galium kinuta

Galium kinuta

Galium kinuta

Galium kinuta

わが国の本州から四国・九州に分布しています。山地の林縁に生
え、高さは30〜60センチになります。茎は直立して4稜があり、葉
は卵状被針形または被針形で4個輪生します。葉の3脈が目立ちま
す。7月から9月ごろ、茎の先に円錐状の集散花序をだし、小さな白
い花を疎らに咲かせます。名前は、果実の形を砧(きぬた)に見立て
たもの。
アカネ科ヤエムグラ属の多年草で、学名は Galium kinuta。
英名はありません。
[上・中3] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、
2006年07月27日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2005年07月25日撮影。
[下] 岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、
2005年10月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp