きばなオランダせんにち (黄花オランダ千日)

Spilanthes oleracea

Spilanthes oleracea

Spilanthes oleracea

Spilanthes oleracea

Spilanthes oleracea

Spilanthes oleracea

熱帯アメリカが原産です。「オランダせんにち(Spilanthes acumella)」
の変種です。茎はよく分枝して、高さは30〜40センチになります。
葉は卵形で浅い鋸歯があり対生します。7月から9月ごろ、管状花だ
けの卵形の花を咲かせます。葉には「さんしょう(山椒)」のような風
味があり、香辛料として利用されます。
キク科オランダセンニチ属の一年草で、学名は Spilanthes oleracea
(syn. Spilanthes acumella var. oleracea)。英名は Toothache plant。
Toothache plant (Spilanthes oleracea) belongs to the Asteraceae (the Aster
family). It is a perennial herb that is native to tropical America. It is a
variety of Toothache plant (Spilanthes acumella). The stem is much
branched, and can reach 30-40 cm in height. The leaves are ovate with low
toothed edges, and arranged in opposite. The ovate flowers bloom from
July to September. The collora consists entirely of tubular flowers. Its
leaves have Japanese pepper tree like flavor, and used as a spice.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年10月25日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2005年08月16日撮影。
[中3〜4・下] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、
2009年08月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp