きれんげしょうま (黄蓮華升麻)

Kirengeshoma palmata

Kirengeshoma palmata

Kirengeshoma palmata

Kirengeshoma palmata

Kirengeshoma palmata

わが国の本州、紀伊半島から四国・九州それに朝鮮半島に分布しています。1属1種です。山地のブナ林帯の林床や湿った石灰岩地などに生え、高さは80〜120センチほどになります。葉は掌状に浅裂し、やや光沢があります。8月ごろ、鮮やかな黄色の花を咲かせます。 
ユキノシタ科キレンゲショウマ属の多年草で、学名は Kirengeshoma palmata。英名はありません。 
"Kirenge-shoma" (Kirengeshoma palmata) belongs to the Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is distributed to the Kii Peninsula of Honshu, Shikoku, Kyushu and the Korean Peninsula. It is the only species in the genus Kirengeshoma. This herb grows on the floors of montane beech forests or wet limestone, and can reach 80-120 cm in height. The leaves are pinnately lobed and somewhat shiny. The bright yellow flowers bloom in August. 
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年09月16日撮影。
[中1〜3・下] 福島県須賀川市勢至堂にて、2016年09月11日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp