きばなのれんりそう (黄花の連理草)

Lathyrus pratensis

Lathyrus pratensis

Lathyrus pratensis

ヨーロッパからシベリア東部に分布しています。わが国では滋賀県の
伊吹山にだけ見ることができます。山地帯の草原に生え、高さは20
〜60センチになります。葉は長楕円形で互生します。5月から9月ご
ろ、葉腋から総状花序をだし黄色い蝶形花を咲かせます。「いぶき
のえんどう」と同様に、安土桃山時代、ポルトガル人の宣教師が伊吹
山に薬草園を造った名残と考えられています。
マメ科レンリソウ属の多年草で、学名は Lathyrus pratensis。
英名は Meadow vetchling。
Meadow vetchling belongs to Fabaceae (Pea family). It is a perennial herb
that is native from Europe to eastern Siberia. This herb occurs in montane
grasslands and can reach 20-60 cm in height. The leaves are oblong and
alternate. The racemes are borne in the axiles and bloom yellow
papilionaceous flowers from May to September. This herb can be found
only in Mt. Ibuki (Shiga prefecture) of Japan. It considered to be a trace of
herb farm which developed by Portuguese missionary in Azuchi-
Momoyama Era (about 400 years ago).
[上] イギリス・スコットランド「スカイ島」にて、2007年06月19日撮影。
(photo by Aya Suehiro)
[中] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、2005年07月25日撮影。
[下] 同上にて、2006年07月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp