きしょうぶ (黄菖蒲)

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

Iris pseudoacorus

西アジアからヨーロッパが原産です。わが国へは明治時代に渡来しました。いまでは各地に帰化しています。水辺や湿地に生えて、高さは60〜100センチほどになります。5月から6月ごろ、花茎の先に鮮やかな黄色い花を咲かせます。一日花です。外花被片にはひげ状の突起がなく垂れ下がって咲き、基部には褐色の条が入るのが特徴です。「はなしょうぶ(Iris kaempferi)」にもっとも近縁です。
アヤメ科アヤメ属の多年草で、学名は Iris pseudoacorus。
英名は Yellow flag。
Yellow flag (Iris pseudoacorus) belongs to the Iridaceae (the Iris family). It is a perennial herb that is native from West Asia to Europe. This herb was introduced into Japan in the Meiji Era (about 120 years ago). It is naturalized in so many places. It grows in water's edges or marshes and can reach 60-100 cm in height. The bright yellow flowers come on the flowering stalks from May to June. The flower lasts about one day. The outer tepals are drooping. They have not cristate projections and have brown stripes at the bases. Yellow flag is closely related to Japanese water iris (Iris kaempferi).
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年05月22日撮影。
[中2〜中4] 長野県安曇野市穂高有明にて、
2006年06月02日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] 千葉県香取市阿玉川にて、2009年05月14日撮影。
[中7] 同上にて、2008年05月30日撮影。
[中8〜中11] 大阪府四条畷市「むろいけ園地」にて、
2012年05月30日撮影。
[中12〜中14] 福島県いわき市「往生山」にて、
2014年04月20日撮影。
[下] アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて、
2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp