きそあざみ (木曽薊)

Cirsium babanum var. fauriei

Cirsium babanum var. fauriei

本州の中央アルプスと御嶽山、乗鞍岳、北アルプス中南部に分布し
ています。亜高山帯から高山帯の開けた草地や林縁に生え、高さは
50〜100センチになります。茎葉は楕円形ないし狭卵形で、羽状に
中裂から深裂します。8月から9月ごろ、淡紅紫色の花を咲かせま
す。花期には根生葉がなく、花が下向きにうなだれて咲くのが特徴で
す。近縁の「タテヤマアザミ(C. babanum var. otayae)」とは、茎葉の切
れ込みが深くて鋭い棘があり、総苞がよく粘ることで区別されます。
キク科アザミ属の多年草で、学名は Cirsium babanum var. fauriei。
英名はありません。
岐阜県丹生川村久手「乗鞍岳」にて、2002年08月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp