きだちたばこ (木立煙草)

Nicotiana glauca

Nicotiana glauca

Nicotiana glauca

Nicotiana glauca

Nicotiana glauca

Nicotiana glauca

Nicotiana glauca

Nicotiana glauca

ボリビア南部からアルゼンチン北部にかけてが原産です。比較的寒さに強く、自生地での高さは5〜7メートルほどになります。葉は卵形で、青みを帯びた緑色をしています。4月から10月にかけて、散形花序に淡黄色の長い筒状花を咲かせます。花後には、小さな芥子粒のような種子が入った果実ができ、風や水によって散布されます。
ナス科タバコ属の常緑小低木で、学名は Nicotiana glauca。
英名は Tree tabacco、Yellow tree tabacco。
Tree tabacco (Nicotiana glauca) belongs to Solanaceae (the Nightshade family). It is an evergreen shrub that is native from southern Bolivia to northern Argentine. This shrub is relatively tolerant of low temperature, and can reach 5-7 m in height in the indigenous lands. The leaves are ovate and bluish green. The pale yellow, long tubular flowers bloom in the umbels from April to October. After flowering, the fruits containing papaverous small seeds, are produced and scattered by wind and weather.
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2011年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] 同上にて、2011年05月11日撮影。(photo by Jouette Sueehiro)
[中5] 同上にて、2003年11月09日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・下] アメリカ・ニューヨーク市「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp