きたやまぶし (北山附子)

Aconitum japonicum var. eizanense

Aconitum japonicum var. eizanense

わが国の本州、関東地方から近畿地方に分布しています。「オクトリ
カブト」の変種で、山地の林内や林縁に生えます。葉は5〜7中裂し
ます。8月から10月ごろ、茎の先の散房花序に青紫色の花を咲か
せます。花柄や雄しべに毛がないのが特徴です。名前は、京都の北
山に生えることから。
キンポウゲ科トリカブト属の多年草で、学名は Aconitum japonicum
var. eizanense。英名はありません。
滋賀県大津市葛川中村町「白滝山」にて、2005年10月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp