キウイフルーツ (鬼木天蓼)

Actinidia chinensis

Actinidia chinensis

Actinidia chinensis

Actinidia chinensis

Actinidia chinensis

Actinidia chinensis

Actinidia chinensis

Actinidia chinensis

Actinidia chinensis

Actinidia chinensis

Actinidia chinensis

Actinidia chinensis

Actinidia chinensis

中国南部の長江流域が原産です。ニュージーランドに移入されて改良が進められました。蔓性で長さは4〜5メートルになり、円形または広卵形の葉が互生します。雌雄異株で、5月から6月ごろ、葉腋に芳香のある白い花を下向きに咲かせます。果実は液果で褐色の毛に被われ、11月ごろに熟します。ハイワード種がおもに栽培されますが、酸味が強く、収穫後2〜3週間の追熟が必要です。和名では「おにまたたび(鬼木天蓼)」とか「しなさるなし(支那猿梨)」と呼ばれます。写真中7の品種は「香緑(こうりょく)」。 
マタタビ科マタタビ属の落葉低木で、学名は Actinidia chinensis。
英名は Kiwi fruit, Kiwi。 
The kiwi fruit (Actinidia chinensis) belongs to the Actinidiaceae (the Kiwi fruit family). It is a deciduous woody vine that is native to the Yangtze River basin in southern China. This vine was introduced into New Zealand, where it has been improved. The vine is woody and can reach 4-5 m long. The leaves are round to broad ovate and alternate. The kiwi fruit is dioecious. Fragrant white flowers bloom on the axiles in May to June. The fruits are berries covered with brown fuzz that ripen in November. The cultivated variety "Hayward" is commonly planted, though its fruit has a strong acidic taste and needs to be force-ripened for 2-3 weeks. (edit by Greg Brockelbank) 
[上・中1] 茨城県行方市麻生にて、2009年05月23日撮影。
[中2・中3] 岐阜県恵那市中野方町にて、2007年06月07日撮影。
[中4] 岐阜県中津川市千旦林にて、2007年06月07日撮影。
[中5・中6] 静岡県浜松市「浜松市フルーツパーク」にて、
2005年11月19日撮影。
[中7] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2006年11月15日撮影。
[中8・中9] 千葉県香取市仁良にて、2011年06月01日撮影。
[中10〜11・下] 宮城県大衡村「大衡わらび山の幸園」にて、
2016年10月09日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp