きよみタンゴール (清見タンゴール)

Citrus cv. Kiyomi-Tangora

Citrus cv. Kiyomi-Tangora

Citrus cv. Kiyomi-Tangora

Citrus cv. Kiyomi-Tangora

「宮川早生」と「トロビタオレンジ」の交配種です。昭和24年に静岡県
の興津果樹試験場で育種され、昭和54年に品種登録されました。
果汁が豊富で、「温州みかん」の甘みと「オレンジ」の香りを併せ持っ
ています。3月まで樹上で完熟させてから収穫されます。名前は、試
験場近くの清見潟と「温州みかん(Tangerin)」それに「オレンジ
(Orange)」を合わせたものです。
ミカン科ミカン属の常緑低木で、学名は Citrus cv. Kiyomi-Tangora。
英名はありません。
'Kiyomi-Tangora' (Citrus cv. Kiyomi-Tangora) belongs to Rutaceae
(Citrus family). It is an evergreen small tree that is a hybrid between
Tangerin (Citrus unshu cv. Miyagawa-wase) and Orange (Citrus sinensis
cv. Trovita). This hybrid was raised by Okitsu Fruit Tree Experiment
Station of Shizuoka prefecture in 1949. The fruits are juicy, sweet and have
a flavor of orange. The fruits remain on the tree until full maturity and they
are harvested in March.
[上・中1] 愛知県守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年12月06日撮影。
[中2・下] 静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp