きずいせん (黄水仙)

Narcissus jonquilla

Narcissus jonquilla

Narcissus jonquilla

Narcissus jonquilla

ヨーロッパの西部、地中海沿岸が原産です。石灰岩地の丘陵や草地などに生え、高さは10〜30センチになります。葉は糸状で直立します。4月ごろ、花茎を伸ばして、先端に数個の淡黄色の花を咲かせます。花には強い芳香があります。 
ユリ科スイセン属の多年草で、学名は Narcissus jonquilla。
英名は Jonquilla narcissus。 
Jonquilla narcissus (Narcissus jonquilla) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to western Europe; the coastal areas of the Mediterranean Sea. This herb grows in calcareous hills and grasslands, and can reach 10-30 cm in height. The leaves are filiform and erect. The flowering stalks are borne and the several pale yellow flowers bloom on the top of stalks in April. The flowers have a strong scent. 
[上] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年04月13日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2010年04月03日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp