きづた (木蔦)

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea cv. Crème de menthe

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

Hedera rhombea

わが国の各地をはじめ、東アジアに広く分布しています。山野に生え、茎から多くの気根を出してよじ登り、長さは10〜25メートルにもなります。10月から11月ごろ、枝先に球形の散形花序をだし、黄緑色の小さな花をたくさん咲かせます。果実は、翌年の春に黒く熟します。冬でも葉が枯れないので、「ふゆづた(冬蔦)」とも呼ばれます。写真中5は、園芸品種の「クレームドメンテ(cv. Crème de menthe)」。
ウコギ科キヅタ属の常緑蔓性木本で、学名は Hedera rhombea。
英名は Japanese ivy。
Japanese ivy (Hedera rhombea) belongs to the Araliaceae (the Ginseng family). It is an evergreen woody vine that is distributed widely, all over Japan and East Asia. This vine grwos in mountains and fields, climbs up adjacent trees or rocks by the aerial roots and can reach about 10-25 m long. The globose umbels are borne on the terminal branches and bloom many, small yellowish-green flowers from October to November. The fruits ripen black in next spring. The 6th photo is a cultivar 'Crème de menthe'.
[上・中1] 愛知県豊橋市雲谷町にて、2007年10月05日撮影。
[中2] 愛知県豊橋市岩崎町「葦毛湿原」にて、
2004年04月10日撮影。
[中3・中4] 茨城県つくば市「筑波山」にて、2008年03月28日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・中7] 茨城県神栖市矢田部にて、2009年11月15日撮影。
[中8・中9] 埼玉県秩父市定峰にて、2010年04月03日撮影。
[中10〜中12] 宮城県松島町「雄島」にて、2010年08月08日撮影。
[中13] 千葉県香取市大角にて、2012年04月30日撮影。
[中18〜中22] 同上にて、2015年03月25日撮影。
[中25・中26] 同上にて、2016年01月13日撮影。
[中14・中15] 茨城県高萩市「高萩市森林公園」にて、
2012年12月09日撮影。
[中16・中17] 茨城県つくば市小田にて、2015年01月24日撮影。
[中23・中24] 東京都文京区「小石川植物園」にて、
2015年12月27日撮影。
[中27・中28] 宮城県石巻市雄勝町にて、2016年01月16日撮影。
[中29〜30・下] 宮城県柴田町「白石川堤」にて、
2016年04月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp