クレイニア・フルゲンス

Kleinia fulgens

Kleinia fulgens

Kleinia fulgens

Kleinia fulgens

Kleinia fulgens

Kleinia fulgens

Kleinia fulgens

Kleinia fulgens

南アフリカのクワズールー・ナタール州からモザンビーク、ジンバブエに分布しています。これらの暑く乾燥した地域では葉は多肉質になります。葉は灰緑色で、高さは60センチほどです。冬に花茎を伸ばして、朱赤色の花を咲かせます。根は横に這い、筒状の根茎を形成しますが、動物の食物となります。 
キク科クレイニア属の常緑多年草で、学名は Kleinia fulgens。
英名は Coral senecio。 
Coral senecio (Kleinia fulgens) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is an evergreen perennial herb that is distributed from KwaZulu-Natal Province of South Africa to Mozambique and Zimbabwe. Leaves are grayish-green, succulent in the warm and arid areas, can reach about 60 cm in height. Bright red-orange flowers bloom on the flower stalks in winter. Cylindrical swollen bases are eaten by animals. 
[上・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年02月02日撮影。
[中1・中2] アメリカ・ニューヨーク市「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。
[中3] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4・中5] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp