クレイニア・ネリイフォリア

Kleinia neriifolia

Kleinia neriifolia

Kleinia neriifolia

カナリア諸島が原産です。灰緑色の太い茎が立ち上がり、よく分枝し
て高さは3メートルほどになります。葉は線状披針形で灰緑色です。
茎の先端の散房花序に、黄白色の筒状花を咲かせます。別名で「セ
ネキオ・クレイニア(Senecio kleinia)」とも呼ばれます。
キク科サワギク属の常緑低木で、学名は Kleinia neriifolia(syn.
Senecio kleinia)。英名はありません。
Kleinia neriifolia belongs to Asteraceae (Aster family). It is a perennial herb
that is native to Canary Islands in the Atlantic Ocean. Stems are errect,
grayish-green succulent, furcated and can reach about 3 m in height. Leaves
are linear lanceolate and grayish green. Yellowish white tubular flowers
come in corymbs on the terminal stems. Kleinia neriifolia is also known as
'Senecio kleinia'.
[上・中] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2005年01月13日撮影。
[下] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp