こあかみごけ (小赤実苔) [Index] [Back]

Cladonia floerkeana

Cladonia floerkeana

Cladonia floerkeana

Cladonia floerkeana

Cladonia floerkeana

Cladonia floerkeana

Cladonia floerkeana

Cladonia floerkeana

Cladonia floerkeana

Cladonia floerkeana

わが国の各地をはじめ、北半球に広く分布しています。低地から山地の地上・朽木・針葉樹の樹幹上などに生えます。子柄は高さ10〜30ミリ、直径は1.5ミリほどです。また子柄は、先端で分枝することがあり、疎らに小鱗片に被われています。子嚢盤は、子柄の先端周辺に形成され、色は淡褐色から濃褐色です。赤い粉胞子器もまた、子柄の先端部に形成されます。
ハナゴケ科ハナゴケ属の地衣類で、学名は Cladonia floerkeana。
英名は Bengal match lichen。
Bengal match lichen (Cladonia floerkeana) belongs to the Cladoniaceae family. It is a fruticose lichen that is distributed throughout Japan, as well as the Northern Hemisphere. This lichen grows on the ground, rotten tree, and trunk bases of conifers from the lowland to mountains. The podetia are 10 mm to 30 mm high, with a diameter of 1.5 mm. They may be branched at the tips, and covered with coarse squamules. The apothecia form on the rim of the tip of the podetia, and they are light to dark brown in color. The red pycnidia also form on the tips of the podetia.
[上・中1〜2] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、2012年06月23日撮影。
[中3・中4] 栃木県那須町「茶臼岳」にて、2014年08月14日撮影。
[中5・中6] 山形県小国町小玉川にて、2015年09月18日撮影。(photo by Aya Seko)
[中7〜8・下] 福島県檜枝岐村「燧ヶ岳」にて、
2015年09月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp