こあかそ (小赤麻)

Boehmeria spicata

Boehmeria spicata

Boehmeria spicata

Boehmeria spicata

Boehmeria spicata

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布しています。山野や道ばたに生え、茎の下部が木化して高さは1〜2メートルになります。葉は菱状卵形から楕円形で、先は尾状にとがり、縁には鋸歯があります。「くさこうかそ」に似ていますが、この鋸歯が片側で8個以下なのが特徴です。8月から10月ごろ、長い花序をだします。
イラクサ科カラムシ属の落葉小低木で、学名は Boehmeria spicata。
英名はありません。
"Ko-akaso" (Boehmeria spicata) belongs to the Urticaceae (the Nettle family). It is a deciduous shrub that is distributed from Honshu to Shikoku and Kyushu, as well as the Korean Peninsula and China. This shrub grows in fields, mountains and roadsides, and can reach 1-2 m in height. The lower parts of stems are lignify. The leaves are diamond-ovate to elliptic with cuneatic tips and serrated edges. It is difined by having less than eight saw teeth on one side.
[上] 奈良県上北山村西原「伯母ヶ峰」にて、2005年08月02日撮影。
[中1] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2005年09月30日撮影。
[中2] 大阪府千早赤阪村水分「金剛山」にて、
2005年10月13日撮影。
[中3・下] 三重県松阪市飯高月出にて、2012年07月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp