こばんそう (小判草) [Index] [Back]

Briza maxima

Briza maxima

Briza maxima

Briza maxima

Briza maxima

Briza maxima

Briza maxima

ヨーロッパが原産です。現在では、世界中の温帯地域に広く帰化しています。わが国へは明治時代に観賞用として渡来し、現在では本州の中部地方以南に帰化しています。道ばたや畑地、荒れ地などに生え、高さは10〜60センチになります。茎は細く、葉は線形から線状披針形です。夏、茎の上部に円錐花序をだし、花序の枝先に大きな卵形から楕円形の小穂をつけます。
イネ科コバンソウ属の一年草で、学名は Briza maxima。
英名は Big quaking grass。
Big quakinggrass belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is an annual grass that is native to Europe. Nowadays, it is naturalized worldwidely in the temperate areas. This grass was introduced into Japan in Meiji Era (about 120 years ago) as an ornamental plant, and naturalized southward from Chubu-district of Honshu. This grass grows in roadsides, dry fields or barrens and can reach 10-60 cm in height. The stem is slender, and the leaves are linear to linear-lanceolate. The panicles are borne on the shoot apices in summer. The spikelets are large ovate to elliptic and arranged at the end of cluster-branches.
[上・中1] 岐阜県八百津町久田見にて、2007年06月07日撮影。
[中2] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年05月09日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2008年05月15日撮影。
[中5] 同上にて、2008年05月28日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州「パシフィックグローブ」にて、
2009年06月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp