こばのセンナ (小葉のセンナ)

Cassia coluteoides

Cassia coluteoides

Cassia coluteoides

Cassia coluteoides

Cassia coluteoides

Cassia coluteoides

南アメリカのブラジルが原産です。高さは3メートルほどになり、枝は
蔓状に伸びます。葉は羽状複葉で、小葉は小さな広楕円形です。夜
になると「ねむのき」のように閉じるそうです。10月から12月ごろ、
枝先の総状花序に黄色い花を咲かせます。
ジャケツイバラ科カワラケツメイ属の落葉低木で、学名は Cassia
coluteoides。英名は Climbing cassia, Christmas cassia。
Climbing cassia (Cassia coluteoides) belongs to Caesalpiniaceae family. It is
a deciduous small tree that is native to Brazil. This tree has trailing branches
and can reach about 3 m in height. The leaves are pinnate compound with
small broad elliptic leaflets. They close at night like Mimosa. The racemes
are borne on the branching heads and bloom yellow flowers from October
to December.
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2007年04月18日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1〜2・下] 同上にて、2006年01月06日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3・中4] 群馬県桐生市「ぐんま昆虫の森」にて、
2009年03月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp