こぶなぐさ(小鮒草)

Arthraxon hispidus

Arthraxon hispidus

Arthraxon hispidus

Arthraxon hispidus

Arthraxon hispidus

Arthraxon hispidus

わが国の各地をはじめ、アジアの各地に広く分布しています。田んぼの畔や野原に生え、高さは30〜50センチになります。名前は葉のかたちが「フナ(鮒)」に似ていることから。9月から11月ごろ、茎の先に長い柄を伸ばして、数本の紫褐色の花穂を掌状につけます。八丈島では「かりやす(刈安)」と呼んで黄八丈の染料に使われています。秋のはじめ、穂先のでかかったものを刈り取り、乾燥して使用するそうです。
イネ科コブナグサ属の一年草で、学名は Arthraxon hispidus。
英名は Jointhead arthraxon。
Jointhead arthraxon (Arthraxon hispidus) belongs to Poaceae (the Grass family). It is an annual herb that is distributed throughout Japan and many other parts of Asia widely. This herb grows on rice field linches and fields, and can reach 30-50 cm in height. The leaves are ovate. The Japanese name is derived from crucian carp-like shaped leaves. The long peduncles are borne at the tip of stems and produce several purplish-brown spikes palmately from September to November. It is also called "Kariyasu" in the Hachijo Island, and used as a dyewood for traditional silk fabric "Ki-hachijo".
[上・中1・下] 大阪府四条畷市下田原にて、2004年09月28日撮影。
[中2] 京都府京田辺市水取にて、2001年10月07日撮影。
[中3・中4] 群馬県中之条町四万にて、2011年10月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp