こだちやはずかずら (木立矢筈葛)

Thunbergia erecta

Thunbergia erecta

Thunbergia erecta

Thunbergia erecta

Thunbergia erecta

Thunbergia erecta cv. Alba

Thunbergia erecta

Thunbergia erecta cv. Fairy Moon

Thunbergia erecta cv. Fairy Moon

Thunbergia erecta cv. Fairy Moon

アフリカの中西部が原産です。熱帯に生える蔓性の小低木で、高さは1〜2メートルになります。葉は卵形で、わずかに浅く3裂します。ほとんど一年中、葉腋に濃い紫青色の花を咲かせます。中心部の咽は濃い黄色、花筒の部分は白色です。全体が白色の園芸品種もあります。写真中7〜8・下の品種は「フェアリームーン(cv. Fairy Moon)」。 
キツネノマゴ科ツンベルギア属の常緑小低木で、学名は Thunbergia erecta。英名は King's mantle、Bush clock vine。 
King's mantle (Thunbergia erecta) belongs to the Acanthaceae (the Acanthus family). It is an evergreen shrub that is native to central-west Africa. This shrub is a tropical vine and can reach 1-2 m in height. The leaves are ovate and slightly trilobate. The dark purplish-blue flowers come in the axiles all year round. The corolla has dark yellow throat and white tube. There is a cultivar which the whole corolla is white. 
[上・中1] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。
[中2] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2002年12月22日撮影。
[中3] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中4] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年03月18日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2007年02月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中6] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7〜8・下] 東京都調布市「神代植物公園」にて、
2016年07月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp