こでまり (小手鞠)

Spiraea cantoniensis

Spiraea cantoniensis

Spiraea cantoniensis

Spiraea cantoniensis

Spiraea cantoniensis

Spiraea cantoniensis

Spiraea cantoniensis

中国が原産です。わが国へは江戸時代の終わりに渡来しました。高さは1.5〜2メートルになり、枝先は垂れ下がります。葉は菱形状披針形または菱形状長楕円形で互生し、縁の上半部には欠刻状の鋸歯があります。4月から5月ごろ、今年枝から散房花序をだし、小さな白い花を20個ほど咲かせます。名前は、小さな花が丸く集まり、手毬のように咲くことから。別名で「すずかけ(鈴掛)」、「てまりばな(手毬花)」とも呼ばれます。
バラ科シモツケ属の落葉低木で、学名は Spiraea cantoniensis。
英名は Reeves' spirea。
Reeves' spirea (Spiraea cantoniensis) belongs to Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is native to China. It was introduced into Japan in the last days of Edo era (about 150 years ago). This tree can reach 1.5-2 m in height and the branchlets are drooping. The leaves are diamond-lanceolate or diamond-oblong and alternate with indented toothed edges at upper-half of leaf blades. The corymbs are borne at the new branches and the small, white, about twenty flowers bloom in clusters from April to May.
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2005年05月01日撮影。
[中2・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月06日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2008年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2008年06月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp