こばのゴムびわ (小葉のゴム枇杷)

Ficus rubiginosa

Ficus rubiginosa

Ficus rubiginosa

Ficus rubiginosa

Ficus rubiginosa

オーストラリア東部が原産です。高さは7〜15メートルになり、複数
の幹から枝を出してよく茂ります。幹からは気根も出します。寒さに
は弱いですが、潮風や塩害には耐性があります。また果実は「イチジ
ク」に似た痩果で、食用になります。園芸上は、「フランスゴムの木」と
呼ばれます。オーストラリア東部の沿岸では、公園や遊園地によく植
栽されています。
クワ科イチジク属の常緑小高木で、学名は Ficus rubiginosa。
英名は Rusty-leaf fig, Little-leaf fig, Port Jackson fig。
Rusty-leaf fig belongs to Moraceae (Mulberry family). It is an evergreen
semi-tall tree that is native to eastern Australia. This tree can reach 7-15 m
in height and has multi stems with many branches. It's stem has also hanging
aerial roots. This tree is sesitive to the cold, though it is tolerant sea breeze
and salt damage. Fruits are fig-like achenes and edible. Rusty-leaf fig are
planted in parks and public gardens in east coast towns and cities of
Australia.
[上・中1] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、
2007年03月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2007年03月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2・中3] 兵庫県姫路市「姫路市立手柄山温室植物園」にて、
2002年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp