こはこべ (小繁縷)

Stellaria media

Stellaria media

Stellaria media

Stellaria media

Stellaria media

わが国の各地をはじめ、寒帯から熱帯にいたる世界中に広く分布しています。わが国へは、古い時代にムギ類の渡来とともにやってきました。茎は緑色で、片側に1列の毛があり、しばしば暗紫色を帯びます。葉は卵円形から卵形で、茎の下部では有柄、上部では無柄です。3月から9月ごろ、枝先に集散花序をだし、小さな白色の花を咲かせます。花弁は5個あり、基部まで深く2裂します。花柱は3個あります。「みどりはこべ」とあわせて「はこべ(繁縷)」と呼ばれます。
ナデシコ科ハコベ属の二年草で、学名は Stellaria media。
英名は Chickweed。
Chickweed (Stellaria media) belongs to the family Caryophyllaceae (Carnation family). It is a biennial herb that is distributed worldwide, through Janan and frozen latitudes to tropical latitudes. This herb was introduced into Japan with the oats in ancient days. The stem is green with hairs in a row and often tinged dark purple. The leaves are ovate-round to ovate, petiolate at the bases and sessile at the upper parts. The cymes are borne on the termial stems and bloom small white flowers from March to September. It has five petals which divided into two lobes and three styles.
[上] 愛知県旭町須渕にて、2005年04月02日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年05月23日撮影。
[中2] 静岡県南伊豆町「南伊豆アロエセンター」にて、
007年02月16日撮影。
[中3] 千葉県香取市大角にて、2013年01月23日撮影。
[下] 福島市「花見山公園」にて、2013年04月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp