こはまぎく (小浜菊)

Chrysanthemum arcticum ssp. maekawanum

Chrysanthemum arcticum ssp. maekawanum

Chrysanthemum arcticum ssp. maekawanum

Chrysanthemum arcticum ssp. maekawanum

わが国の本州、茨城県以北から北海道の太平洋側に分布していま
す。海岸の岩場や草地に生え、高さは20〜60センチほどになりま
す。長い地下茎によって広がり、葉は卵形で、縁には深い切れ込み
があって互生します。また長い葉柄があります。9月から10月ごろ、
長い花柄の先に白い頭状花を咲かせます。
キク科キク属の多年草で、学名は Chrysanthemum arcticum ssp.
maekawanum。英名はありません。
"Kohama-giku" (Chrysanthemum arcticum ssp. maekawanum) belongs to
the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is distributed
northward from Ibaraki prefecture of Honshu to the Pacific Ocean Side of
Honshu and Hokkaido. This herb grows in castal rocky places and
grasslands, and can reach 20-60 cm in height. It spreads by the long
rhizomes. The leaves are ovate, deep notched with long petioles, and
arranged in alternate. The white flower-heads bloom at the terminal long
peduncles from September to October.
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年11月05日撮影。
[中2・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年11月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp