こひるがお (小昼顔)

Calystegia hederacea

Calystegia hederacea

Calystegia hederacea

Calystegia hederacea

Calystegia hederacea

Calystegia hederacea

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国東北部に分布しています。日当たりの良い草地や道端にふつうに生え、蔓性です。地中に地下茎を伸ばして広がります。ほこ形の葉は互生し、基部は横にはりだし2裂します。6月から8月ごろ、葉腋から花柄を伸ばして、淡紅色の花を咲かせます。花冠は漏斗形で、大きな苞に包まれています。
ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草で、学名は Calystegia hederacea。
英名はありません。
"Ko-hirugao" (Calystegia hederacea) belongs to Convolvulaceae (the Bindweed family). It is a perennial herb that is distributed from Honshu to SHikoku, Kyushu of Japan, also the Korean Peninsula and northeastern China. This herb grows commonly in sunny grasslands or roadside. It is a trailing vine and spreads in the ground by rhizomes. The leaves are hastate and alternate with bilobate arrowhead-shaped bases. The peduncles are borne at the axils and the pale rose pink flowers bloom from June to August. The corolla is funnel-shaped and covered with large bract.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年05月15日撮影。
[中1] 同上にて、2005年07月27日撮影。
[中2〜4・下] 千葉県香取市仁良にて、2012年05月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp