コールラビ (蕪甘藍)

Brassica oleracea var. gonygylodes

Brassica oleracea var. gonygylodes

Brassica oleracea var. gonygylodes

Brassica oleracea var. gonygylodes

Brassica oleracea var. gonygylodes

Brassica oleracea var. gonygylodes

Brassica oleracea var. gonygylodes

Brassica oleracea var. gonygylodes

Brassica oleracea var. gonygylodes

Brassica oleracea var. gonygylodes

Brassica oleracea var. gonygylodes

Brassica oleracea var. gonygylodes

ヨーロッパの南・西部の地中海沿岸に分布する野生の「キャベツ(Brassica oleracea)」から、人為選別された品種です。高さは45センチほどになり、茎の下部は球状に肥大します。若い茎は柔らかく甘みがあり、これを食用にします。和名では「かぶかんらん(蕪甘藍)」と呼ばれます。 
アブラナ科アブラナ属の二年草で、学名は Brassica oleracea var. gonygylodes。英名は Kohlrabi。
The Kohlrabi (Brassica oleracea var. gonygylodes) belongs to Brassicaceae (the Mustard family). It is a biennial herb that is a selected variety of wild cabbage (Brassica oleracea). This herb can reach about 45 cm in height, and its lowerpart of stem is swollen and nearly spherical. The young stem is mild and sweet, edible.
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2006年12月20日撮影。
[中3] 同上にて、2007年12月05日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年05月24日撮影。
[中3] 同上にて、2007年04月14日撮影。
[中4〜中7] 千葉県香取市大角にて、2014年12月23日撮影。
[中8〜9・下] 同上にて、2015年04月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp