こうしゅんかずら (恒春葛)

Tristellateia australasiae

Tristellateia australasiae

Tristellateia australasiae

Tristellateia australasiae

Tristellateia australasiae

Tristellateia australasiae

Tristellateia australasiae

わが国の沖縄県以南から東南アジア、オーストラリアそれにニューカレドニアに分布しています。マングローブの林や海岸に生え、蔓性で他の樹木に巻きついて伸びます。葉は卵形から披針形で対生し、光沢があります。茎の先端に総状花序をだし、鮮やかな黄色い花を咲かせます。温度さえあれば、周年開花します。
キントラノオ科コウシュンカズラ属の常緑低木で、学名は Tristellateia australasiae。英名は Vining milkweed, Maiden's jealousy。
Vining milkweed (Tristellateia australasiae) belongs to the family Malpighiaceae. It is a small evergreen tree that is distributed southward from Okinawa prefecture to Southeast Asia, Australia and New Caledonia. This tree grows in mangrove estuaries and seashores, and twines around other trees. The leaves are ovate to lanceolate, glossy and arranged in opposite. The racemes are borne on the terminal stems, and the bright yellow flowers bloom year around if the temperature keeps comfortable.
[上・中1] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中2] 同上にて、2009年11月15日撮影。
[中5・下] 同上にて、2012年10月27日撮影。
[中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年04月02日撮影。
[中4] 同上にて、2004年07月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp