こけもも (苔桃)

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

Vaccinium vitis-idaea

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに四国に分布しています。また北半球の寒帯から亜寒帯に広く分布しています。針葉樹林帯の林縁や高山帯の「はいまつ」の下などに生え、高さは10センチほどになります。葉は楕円形で厚く、つやがあります。6月から8月ごろ、小さな白い壺形の花を咲かせます。花冠の先は4裂します。秋には果実が赤く熟しますが、甘酸っぱくて、生食やジャム、果実酒などに利用されます。 
ツツジ科スノキ属の常緑小低木で、学名は Vaccinium vitis-idaea。
英名は Cowberry。 
Cowberry (Vaccinium vitis-idaea) belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is an evergreen shrub that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido and Shikoku. It is also distributed widely to the frozen and subarctic region of Northern Hemispere. This shrub grows on the forest edges of coniferous forests and under the alpine thickets of Dwarf Siberian pine, and can reach about 10 cm in height. The leaves are elliptic, thick and glossy. The small white flowers bloom in June to August. The flowers are bell-shaped and the corollas are four-lobate. The fruits ripen in red and have sweet and sour flavor. They are used in raw diet, jam and fruit wine. 
[上・中1] 長野県茅野市北山「麦草ヒュッテ」にて、
2005年07月08日撮影。
[中2] 同上にて、2006年07月08日撮影。
[中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年04月02日撮影。
[中4] 同上にて、2005年12月07日撮影。
[中5・中6] 群馬県六合村「野反湖」にて、2008年07月26日撮影。
[中7・中8] 長野県山ノ内町「東館山高山植物園」にて、
2010年07月25日撮影。
[中9〜中11] 福島市町庭坂「家形山」にて、2014年07月05日撮影。
[中12〜中14] 福島県二本松市「安達太良山」にて、
2014年09月06日撮影。
[中15〜中17] 岩手県一関市「栗駒山」にて、
2015年06月20日撮影。
[中18・中19] 福島市土湯温泉町「一切経山」にて、
2015年08月22日撮影。
[中20〜中24] 宮城県蔵王町「蔵王連峰」にて、
2015年09月05日撮影。
[中25・下] イギリス・スコットランド・ベンカウワーズにて、
2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp