こつぶきんえのころ (小粒金狗尾)

Setaria pallide-fusca

Setaria pallide-fusca

わが国の各地をはじめ、世界の熱帯・亜熱帯地域に広く分布してい
ます。道端や荒れ地などに生え、高さはふつう30センチほどになり
ます。茎は直立して株立ちとなり、線状披針形の葉が互生します。葉
や葉鞘は無毛です。8月から10月ごろ、茎の先に「キンエノコロ」より
も小さく、長さ2〜3センチほどで、紫色を帯びた褐色の花穂をつけま
す。
イネ科エノコログサ属の一年草で、学名は Setaria pallide-fusca。
英名は Yellow bristle grass。
岐阜県中津川市「苗木城趾」にて、2004年10月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp