こもちくじゃくやし (子持ち孔雀椰子)

Caryota mitis

Caryota mitis

Caryota mitis

Caryota mitis

Caryota mitis

ビルマからマレー半島、フィリピンが原産です。高さは8メートルほど
になります。葉は灰緑色の2回羽状複葉で、小葉は魚の尾びれのよ
うな形をしています。夏に肉穂花序を下垂させ、黄緑色の花を咲か
せます。別名で「カブダチクジャクヤシ(株立ち孔雀椰子)」とも呼ば
れます。
ヤシ科カルヨタ属の常緑小高木で、学名は Caryota mitis。
英名は Burmese fishtail palm。
[上・下] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。
[中1・中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2004年07月13日撮影。
[中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp