こくらん (黒蘭) [Index] [Back]

Liparis nervosa

Liparis nervosa

Liparis nervosa

わが国の本州、茨城県以南から四国・九州に分布しています。常緑樹林内に生え、高さは15〜30センチになります。偽球茎は多肉質で、広楕円形の葉をだします。6月から7月ごろ、花茎を伸ばし、暗紫褐色の花を総状に咲かせます。
ラン科クモキリソウ属の多年草で、学名は Liparis nervosa。
英名はありません。
"Koku-ran" (Liparis nervosa) belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is a perennial herb that is distributed southward from Ibaraki prefecture of Honshu to Shikoku and Kyushu. This herb grows in evergreen forests and can reach 15-30 cm in height. The pseudobulbs are carnose and bear broad elliptic leaves. The flowering stalks are borne and the dark purplish brown flowers bloom from June to July.
[上・中] 千葉県香取市仁良にて、2012年04月16日撮影。
[下] 同上にて、2014年04月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp