コルクウィチア・アマビリス

Kolkwitzia amabilis

Kolkwitzia amabilis

Kolkwitzia amabilis

Kolkwitzia amabilis

Kolkwitzia amabilis

Kolkwitzia amabilis

Kolkwitzia amabilis

中国の中部が原産です。コルクウィチア属にはこの1種しかありませ
ん。高さは2〜3メートルほどですが、横に広がります。卵形の葉は
濃い緑色で、対生しています。5月ごろ、ピンク色の筒状花を咲かせ
ます。咽の部分にオレンジ色の斑紋があります。花期以外はほとん
ど目立ちません。
スイカズラ科コルクウィチア属の落葉低木で、学名は Kolkwitzia
amabilis。英名は Beautybush。
Beautybush (Kolkwitzia amabilis) belongs to the Caprifoliaceae (the
Honeysuckle family). It is a small deciduous tree that is native to central
China. It is the only species in the genus Kolkwitzia. This tree can reach 2-
3 m in height, and grows spreading. The leaves are ovate, dark green and
arranged in opposite. The pink tublar flowers bloom in May. The corolla
has orange mottles on the throat. This tree is inconspicuous except in
flower season.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年05月15日撮影。
[中1・中2・中4] 同上にて、2006年05月12日撮影。
[中3] 同上にて、2003年06月07日撮影。
[中5・下] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月17日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp