こうやまき (高野槙)

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

Sciadopitys verticillata

わが国の固有種で、本州の東北地方以南から四国・九州に分布しています。1科1属1種です。山地の岩場などに生え、高さは30メートル以上になります。幹は直立して、樹皮は赤褐色で縦に剥離します。枝は水平に広がります。葉は2個が合着した細長い線形で、先が少しへこみ、輪生状につきます。4月ごろ、枝先に雄花と雌花をつけます。果実は楕円形の球果で、翌年の秋に熟します。名前は、和歌山県の高野山に多いことに因みます。写真の下3枚は、花園神社の樹齢600年の「こうやまき」。 
コウヤマキ科コウヤマキ属の常緑高木で、学名は Sciadopitys verticillata。英名は Japanese umbrella pine。 
The Japanese umbrella pine (Sciadopitys verticillata) is an endemic species to Japan, and the sole member of the Sciadopityaceae (the Japanese umbrella pine family). It is a tall evergreen tree that is distributed from northern Honshu south to Shikoku and Kyushu. This tree grows in scrag of mountains, and can reach up to 30 m in height. The trunk is erect and spreads horizontal branches. The bark is reddish brown, and is torn in long shreds. The leaves are dark green and connated two linear leaves. They crowd like a whorl of 20-30 at the end of twigs. In April, male and female flowers are born on the end of branches. The fruits are elliptical cones, mature in next year's fall. 
[上・中1〜2・中5] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年11月30日撮影。
[中3] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年11月01日撮影。
[中4] 群馬県安中市「小根山森林公園」にて、
2009年01月25日撮影。
[中6〜中8] 茨城県北茨城市華川町「花園神社」にて、
2013年11月03日撮影。
[中9〜14・下] 宮城県石巻市「黄金山神社」にて、
2016年03月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp