こまゆみ (小檀)

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

Euonymus alatus f. striatus

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国東北部、サハリン、ウスリーに分布しています。山野に生え、高さは2〜5メートルになります。「にしきぎ」の一品種で、枝に板状の翼ができないという特徴があります。楕円形の葉は対生し、5月から6月ごろ、目立たない黄緑色の4弁花を咲かせます。真ん中の花盤が発達しています。秋には紅葉し、朱色の仮種皮に包まれた果実がのぞきます。 
ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木で、学名は Euonymus alatus f. striatus。英名はありません。 
"Ko-mayumi" (Euonymus alatus f. striatus) belongs to the Celastraceae (the Bittersweet family). It is a small deciduous tree that is native to Japan, the Korean Peninsula, northeast China, Sakhalin and Ussuri. This tree grows in hills and dales, and can reach 2-5 m in height. It is a form of the Burningbush, and defined by having no cork wings. The leaves are elliptic and opposite. The inconspicuous pale yellowish-green flowers bloom from May to June. The corolla has a developed flower disk. The leaves turn bright red in fall. The capsules are ripen in fall, splitting open and come out reddish-orange seeds when mature. 
[上・中1] 長野県松本市内田にて、2005年05月22日撮影。
[中2] 長野県木島平村「北ドブ湿原」にて、2004年07月04日撮影。
[中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月12日撮影。
[中6] 同上にて、2006年11月30日撮影。
[中4] 福島県北塩原村「雄国沼」にて、2009年06月27日撮影。
[中5] 岐阜県高山市高根町野麦にて、2005年10月20日撮影。
[中7・中8] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2011年05月04日撮影。
[中9・中10] 群馬県片品村「川上川」にて、2015年07月05日撮影。
[中11] 山梨県富士吉田市「富士浅間神社」にて、
2015年11月01日撮影。
[中12・中13] 宮城県川崎町「笹谷峠」にて、2016年09月24日撮影。
[中14・下] 宮城県川崎町「山形神室岳」にて、
2016年10月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp