こむらさき (小紫)

Callicarpa dichotoma

Callicarpa dichotoma

Callicarpa dichotoma

Callicarpa dichotoma

Callicarpa dichotoma

Callicarpa dichotoma

Callicarpa dichotoma

Callicarpa dichotoma

Callicarpa dichotoma

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布しています。山麓の湿地などに生え、高さは2メートルほどになります。葉は倒卵状長楕円形で対生し、先端が尾状に尖ります。鋸歯は先端に近い上半分にしかありません。7月から8月ごろ、葉腋のすこし上から集散花序をだし、淡紅色の小さな花を咲かせます。果実は10月から11月ごろ、球形で光沢のある紫色に熟します。名前は「むらさきしきぶ」に比べて、全体に小型なことから。別名の「こしきぶ(小式部)」は平安の女流歌人、小式部内侍に因みます。
クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木で、学名は Callicarpa dichotoma。英名は Purple beautyberry。
Purple beautyberry (Callicarpa dichotoma) belongs to Verbenaceae (the Verbena family). It is a decidous small tree that is distributed from Honshu to Shikoku and Kyushu, the Korean Peninsula and China. This tree grows in piedmont marshes and can reach about 2 m in height. The leaves are obovate-oblong and opposite with caudal tips. They are serrated at the upper half. The cymes are borne on nearby axils and the pale pink flowers bloom from July to August. The fruits are round and ripen in glossy purple from October to November.
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2003年06月21日撮影。
[中1・中2] 岐阜県中津川市馬篭「まごめ自然植物園」にて、
2005年10月19日撮影。
[中3] 岐阜県郡上市高鷲町「牧歌の里」にて、
2004年10月30日撮影。
[中4] 東京都千代田区「北の丸公園」にて、2006年09月30日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中5・中6] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2008年09月21日撮影。
[中7・下] 千葉県香取市大角にて、2011年09月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp