こんけいベゴニア (根茎ベゴニア)

Begonia cv. Freddie

Begonia cv. Freddie

Begonia sp.

Begonia sp.

Begonia sp.

「きだちベゴニア」に似ていますが、茎が横に這ったり直立する草丈の低いタイプで、葉のかたちや色、模様に変化が多くて観賞用に栽培されます。弱い光でもよく育ち、ふつうは春、まれに一年中、長い花茎を伸ばして花を咲かせます。写真上・中1はアメリカで作出された園芸品種の「フレディー(cv. Freddie)」。
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑多年草で、学名は Begonia sp.(属の総称)。英名は Rhizomatous begonia。
Rhizomatous begonia (Begonia sp.) belongs to the family Begoniaceaeシュウカイドウ科 (the Begonia family). It is an evergreen herb that resembles to the Cane-like begonia, though it having short stems which is sprawling or errect. The leaves are variable in shape, color and pattern. This herb are cultivated as an ornamental plant. It thrives at weak light, and it bloom on the long flowering stalks, usually in spring, rarely year-round.
[上・中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2005年12月27日撮影。
[中2〜3・下] アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」
にて、2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp