こんにゃく (蒟蒻)

Amorphophallus rivieri

Amorphophallus rivieri

Amorphophallus rivieri

Amorphophallus rivieri

Amorphophallus rivieri

Amorphophallus rivieri

Amorphophallus rivieri

Amorphophallus rivieri

Amorphophallus rivieri

東南アジアのベトナム南部からインド東部にかけて分布しています。
わが国へは奈良時代に渡来しました。直径30センチもある大きな球
茎から、高さ50〜200センチの円柱状の葉柄を伸ばします。葉柄
の先に鳥足状複葉をつけます。初夏に、暗紫色の仏炎苞に包まれ
た肉穂花序をだします。花序の基部に雌花、その上に雄花が密集し
ます。球茎は「こんにゃく」の原料となります。
サトイモ科コンニャク属の多年草で、学名は Amorphophallus rivieri。
英名は Devil's tongue, Voodoo lily。
Devil's tongue belongs to Araceae (the Arum family). It is a perennial herb
that is distributed in southern Viet Nam to eastern India. This herb was
introduced into Japan in Nara Era (about 1300 years ago). The corms are
about 30 cm in diameter and send out the cylindrical leaf stalks 50-200 cm
in height. The leaves are pedatifid compound. The terminal spadix is borne
with dark purple bracts in early summer. The female flowers come at the
base of the spadix and the male flowers come above it. The corms are
used for the raw materials of 'Konjac food' in Japan.
[上・中1] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年04月19日撮影。
[中2] 同上にて、2010年05月17日撮影。
[中3] 同上にて、2009年03月07日撮影。
[中4・中5] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[中6] 群馬県藤岡市鬼石にて、2009年07月25日撮影。
[中7・下] 群馬県沼田市利根町にて、2010年06月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp