こんてりくらまごけ (紺照り鞍馬苔)

Selaginella unicinata

Selaginella unicinata

Selaginella unicinata

Selaginella unicinata

Selaginella unicinata

中国南部が原産です。主茎は地上を這い、長さは30〜60センチになります。葉の表面は青緑色で光沢があり、白い縁があります。栽培用で「レインボーファーン」とも呼ばれていますが、本州では一部帰化しているところもあります。
イワヒバ科イワヒバ属の常緑シダ類で、学名は Selaginella unicinata。英名は Peacock moss、Rainbow spikemoss。
Peacock moss (Selaginella unicinata) belongs to the Selaginellaceae family. It is a perennial pteridophyte that is native to southern China. The main stems crawl on the ground and extend 30-60 cm long. The surface of leaf is bluish-green and glossy with white edges. This fern is also called "Rainbow fern" as an ornamental plant. It is naturalized in the some parts of Honshu.
[上・中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2004年01月10日撮影。
[中2〜3・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp