こごめばおとぎり (小米葉弟切)

Hypericum perforatum var. angustifolium

Hypericum perforatum var. angustifolium

Hypericum perforatum var. angustifolium

Hypericum perforatum var. angustifolium

Hypericum perforatum var. angustifolium

Hypericum perforatum var. angustifolium

Hypericum perforatum var. angustifolium

Hypericum perforatum var. angustifolium

ヨーロッパが原産です。「せいようおとぎりそう(Common St. Johnswort」の変種で、わが国にも各地で帰化しています。荒れ地や道端などに生え、高さは60〜90センチになります。葉は長楕円形で長さ1.5センチ以下、多くの明点があります。5月から7月ごろ、直径2センチほどの黄色い花を咲かせます。名前は、母種よりも葉が小さいことから。
オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草で、学名は Hypericum perforatum var. angustifolium。英名はありません。
Hypericum perforatum var. angustifolium belongs to the family Clusiaceae. It is a perennial herb that is native to Europe. It is a variety of Common St. Johnswort and naturalized widely in Japan. This herb grows in waste places and roadsides, and can reach 60-90 cm in height. The leaves are oblong, less than 1.5 cm long, and have many gright dots. The yellow, about 2 cm across, flowers bloom from May to July.
[上・中1] 岐阜県高山市国府町宇津江にて、2005年06月26日撮影。
[中2〜中4] 福島県会津若松市河東町にて、
2012年06月22日撮影。
[中5〜6・下] アメリカ・ワシントン州「キャサリンクリーク」にて、
2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp