コプシア・フルティコサ

Kopsia fruticosa

Kopsia fruticosa

Kopsia fruticosa

Kopsia fruticosa

Kopsia fruticosa

ビルマが原産です。高さは1〜3メートルほどになります。夏に「プル
メリア」に似たピンク色の花を咲かせます。植物体には、コプシンと
呼ばれるアルカロイドが含まれ、古くから狩猟のために矢毒として用
いられてきました。
キョウチクトウ科コプシア属の常緑低木で、学名は Kopsia fruticosa。
英名は Pink kopsia。
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2004年02月07日撮影。
[中1] 同上にて、2004年12月07日撮影。
[中2] 同上にて、2005年11月28日撮影。
[中3・下] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年10月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp